PHILOSOPHY
SERVICE
COMPANY
RECRUIT
TOOLS
BLOG
ARTICLES
CONTACT US

業務システム開発後にも必要なWBS

業務システム開発の現場では、進捗管理をスムーズに進めるために様々な手法が用いられています。その中でも特に必要とされているのがWBSです。

WBSとは

WBSは仕事(work)・詳細区分(breakdown)・階層構造(structure)の略です。業務システム開発の現場では、お客様からご依頼いただいた納期に合わせて開発を進めることが最優先されます。 そのためにやるべきことを区分して階層構造化し、全体の進捗や残された業務を見通すための計画書がWBSです。

また作業の流れや計画に要する期間の把握を目的とした工程表とWBSを同じものとして捉えている企業様も大変多いのが現状です。WBSはプロジェクトにおける作業を細かい単位に分割し、階層構造などで管理することができます。 工程表に比べ具体性が高く、必要な工数や見積もりを明確にすることができます。また作業が細分化されるので作業に必要なコストが明瞭化し、人件費やコストの削減を実現できます。

プロジェクト停滞防止に必須

システムを開発している段階では複数人のチームで開発をおこなうケースも多く、情報共有は最優先すべき課題です。また、開発途中の段階で生まれた新しいアイデアを基幹業務システムに反映させたい場合、納期までのスケジュールやお見積りを再検討する必要がある場合もあります。 そうした場合でも計画を止めることなくスムーズに進めるためにWBSの運用が必須になります。

マニュアルとして応用できる可能性

WBSと似た機能を持ったものとして開発ドキュメントが挙げられます。開発ドキュメントは業務システム開発後にお役立ていただくシステムの仕様や設計、運用計画書の役割を果たすものです。WBSに加えて現場の情報共有ツールとして役立てられるだけでなく、業務管理システムの運用が開始された後にも必要になるものです。
また、新規に導入していただいたシステムを刷新・再構築する場合に、必要なシステムの設計図としての利用や、情報を選りすぐり企業様にとって使いやすいマニュアルを作成する場合にも有力な資料となります。


無料相談受付中!

業務システム開発、 webシステム開発、既存システムの再構築や、ホームページ制作など、
情報システムに関する様々なサービスをご提供致します。
無料相談がございますので、開発のご相談やお見積りに関するご質問など、
お気軽にお問合せください。

phone

03-6240-9835
(平日10:00〜17:00)

当社のシステム開発では、自社開発したシステム開発統合フレームワーク※1 を利用します。
その結果、システム開発に関する作業効率が大幅に向上いたしました。

※1システムの内容により利用しない場合もあります