PHILOSOPHY
SERVICE
COMPANY
RECRUIT
TOOLS
BLOG
ARTICLES
CONTACT US

システム運用効率を上げるPDCA

システム運用効率を上げるPDCA 業務効率化や情報の一元管理など、独自システムをご活用されている企業様は決して少なくありません。そうした既存システムの貢献度をさらにアップさせるための方法として、PDCAが注目されています。

PDCAとは

PDCAとはマネジメントで用いられる手法の1つです。計画(Plan)→実行(Do)→評価(Check)→反省(Action)→計画(Plan)…というサイクルをつなげていくことで、半永久的に商品・サービスの価値を維持・向上・改善し続けられるという考え方です。 目標や理想に限りなく近づくことができる手法として、多くの企業様で用いられています。

既存システムでの業務効率を上げる

PDCAの具体的な手法は企業によって異なるため、自社にあった方法を取り入れる必要があります。 例えば学習塾で用いられるメソッドとして、学習計画の作成(Plan)・知識のインプット(Do)・習熟度確認テスト(Check)・テスト問題の復習(Action)といったサイクルは定番のものです。 また、このマネジメント手法は既存システムとして活用している業務系システムにも取り入れられるものです。情報の刷新や新技術開発のサイクルが早いIT技術を用いた業務系システムをPDCAし続けることで、既存システムを改善し続けることができます。

既存システムの評価・検証が必要

業務系システムをPDCAすると言っても、何から始めればよいのか分からないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。 そこで、ITに関する技術・ノウハウを培ったシステム開発会社と連携してみませんか?既存システムを用いた業務フローや運用効率を調査し、分析・評価・検証することで、実際の貢献度の視覚化やシステム再構築の必要性が出た場合のスムーズな判断が可能になります。


無料相談受付中!

業務システム開発、 webシステム開発、既存システムの再構築や、ホームページ制作など、
情報システムに関する様々なサービスをご提供致します。
無料相談がございますので、開発のご相談やお見積りに関するご質問など、
お気軽にお問合せください。

phone

03-6240-9835
(平日10:00〜17:00)

当社のシステム開発では、自社開発したシステム開発統合フレームワーク※1 を利用します。
その結果、システム開発に関する作業効率が大幅に向上いたしました。

※1システムの内容により利用しない場合もあります