PHILOSOPHY
SERVICE
COMPANY
RECRUIT
TOOLS
BLOG
ARTICLES
CONTACT US

2017.02.10NEW!

本質・意図・論点について

みなさま、初めましてインユニゾン株式会社代表取締役川畑と申します。
以後、お見知りおきください。

さて、弊社ホームページリニューアルにつき”社内ブログ”なるコンテンツを新設してみました!

役員、社員が1週間に1度更新していきますが、記念すべきブログ1号を私が書かせて
いただきます0(≧▽≦)0


この業界に入って今年の7月で20年になります。
仕事っていうことでいうと、高校1年の4月からアルバイトを始めましたから、28年ぐらい仕事していますね。

思い返せば、怒られたり、かる~い虐めにあったり、 上役と怒鳴りあったり、酔っ払って失態を晒したりと、いろいろありましたね。

さて、本題なんですが、そんないろいろな経験を経て社長業をはじめたんですが、そのころからよく「本質」「意図」「論点」っていう言葉を使うようになりました。

そう!GOGO USER FIRSTの3大原則ですね。

「本質」を理解しないで物事を進めたり
「意図」を汲まないで提案をしたり
「論点」を見極めないで解決を急いだり

と、何も考えを持たないまま、仕事をしてきたなと感じていました。
よく言えば、言われた事を言われた通りに進めていたのかもしれませんが、悪く言えば、ただ作業しているだけだったなと、反省しています。

私としては、「仕事=問題解決」ということに気づいた時に、言われたとおりに進めるだけというのは違和感になりました。

それではどうすれば良いかと考えた結論が、「本質」「意図」「論点」でした。

「本質」「意図」「論点」を考えぬいた結果、言われた通りにすべきという結論に至ったのであれば、それで良いと思います。いや違うなと思ったら別の提案などをすることが大事だと思います。

当社の企業理念は「すべてのお客様の笑顔のために」なんですが、
これを実現するためには「ユーザー要求を紐解く」ことが大事なんです。
「ユーザー要求」に隠れているいる「本質」「意図」「論点」をきちんと紐解いていくことが一番重要なため、 GOGO USER FIRSTの大原則にしたわけです。


当ブログをご覧の方も、一度意識してみてくださると嬉しいです!

IT業界以外の業種でも、仕事以外のことでもすべてに通じる言葉だと思います!

そうそう、自分自身、「本質」「意図」「論点」ってよく使ってるけど
言葉の使い方として合っているのか?と不安になり調べてみました。

「本質」~そのものとして欠くことができない、最も大事な根本の性質・要素。

「意図」~こうしようと考えていること。思惑(おもわく)。また、めざすこと。

「論点」~議論の中心となる問題点。

仕事に迷ったときはこの言葉を思い出して日々精進してまいります。

では、またお会いする日まで。


無料相談受付中!

業務システム開発、 webシステム開発、既存システムの再構築や、ホームページ制作など、
情報システムに関する様々なサービスをご提供致します。
無料相談がございますので、開発のご相談やお見積りに関するご質問など、
お気軽にお問合せください。

phone

03-6240-9835
(平日10:00〜17:00)

当社のシステム開発では、自社開発したシステム開発統合フレームワーク※1 を利用します。
その結果、システム開発に関する作業効率が大幅に向上いたしました。

※1システムの内容により利用しない場合もあります