PHILOSOPHY
SERVICE
COMPANY
RECRUIT
TOOLS
BLOG
ARTICLES
CONTACT US

2017.03.09NEW!

前途多難...

こんにちは。インユニゾン株式会社 代表取締役 川畑です。
最近、こんな記事を目にしました。

記事→「成長体質になるために、自分の仕事に当事者意識を持つ

私はこの言葉を社内で使うか使わないか、もの凄く悩んでいました。
(役員会では使っていたかもしれませんが。)

役員、従業員、部下、メンバー全て当事者意識をもって、プロジェクトに参加してくれたら 素晴らしいことです。

みんなでガヤガヤして、ザキ〇マがぼけて、タケ〇マがツッコんでフ〇モンがチャチャ入れる。。。
ひな壇芸人のような活気のある状態になります。

楽しそうですね。

話しがそれましたが、本題です。
この記事をきっかけに、そもそも当事者意識って一体なんだろうと 考えました。

私が辿り着いた答えは、「当事者意識」=「メリットを得ること、得られる状態であること」と 結論づけました。

たとえば、会社でこんな事やるよ、こんな案件始まるよ、とアナウンスしても 自分からは全く参加してこないメンバーがいるとします。

これはきっと参加してもメリットがないと判断しているのか 現状で満足していてメリット自体を求めていないのかどちらかだと思います。
もしかしたら、興味がない、めんどくさい、ラクしたいのかもしれません。 ただこれも、自分にメリットが感じられないからなのだと思います。

この記事では当事者意識をもつことで「成長」に繋がると記載されています。

同感です。私の経験でも当事者意識をもってシャカリキに仕事をしていると ステップアップしていきますし、逆に当事者意識を持たないで仕事をしていると その期間成長していないことを実感します。

仕事上、全従業員、メンバーに当事者意識をもってもらうことは困難です。
前述した結論、「当事者意識」=「メリットを得ること、得られる状態であること」は 個人の価値観に左右されるからです。
例えば、3ヵ月毎日1時間残業(土日祝休み)すれば完遂する案件があり、 この案件に参加すればボーナス100万円支給すると、メンバーを募るとします。

100万円を得ることをメリットと考えるのか、残業時間をデメリットと考えるのかは本人次第です。 大体、60時間ぐらいの残業になるため、その時間を自分のために使うほうがメリットと 考える人もいるでしょう。

これは価値観以外のなにものでもありませんね。

では、どうすれば良いのかを考えたときに、会社としては 個人個人の価値観に合致するメリットを提供しなければいけないんだなと 気づきました。

では整理すると、
①「当事者意識」=「メリットを得ること、得られる状態であること」である
②メリットは個人の価値観できまる。
③会社は個人の価値観ごとにメリットを提供する必要がある。

前途多難感満載ですが、やりきらないといけないことですね。

いろいろ考えさせられる、貴重な記事でした(感謝!!


無料相談受付中!

業務システム開発、 webシステム開発、既存システムの再構築や、ホームページ制作など、
情報システムに関する様々なサービスをご提供致します。
無料相談がございますので、開発のご相談やお見積りに関するご質問など、
お気軽にお問合せください。

phone

03-6240-9835
(平日10:00縲鰀17:00)

当社のシステム開発では、自社開発したシステム開発統合フレームワーク※1 を利用します。
その結果、システム開発に関する作業効率が大幅に向上いたしました。

※1システムの内容により利用しない場合もあります