PHILOSOPHY
SERVICE
COMPANY
RECRUIT
TOOLS
BLOG
ARTICLES
CONTACT US

2017.06.02NEW!

言葉について

こんにちは。インユニゾン株式会社 専務取締役 大宅です。

先週末、会社の皆で潮干狩りに行ってきました。
今年で2回目の開催です。
風が強かったですが最高の日和となりました。
午前10時ぐらいから約2時間ぐらい採りました。
結果の方ですが。。

約2キロ、アサリやハマグリ、バカガイが採れました(^^)/
ただし、次の日から貝尽くしの羽目に。。
下半身が筋肉痛になりましたが、楽しい時間は早く過ぎますよね!


さて、今回のブログの事を考えていませんでした(-_-;)
このため、ブログを書いているときに疑問に思った事を書かせていただきます。

潮干狩りで『貝をとる』の「とる」の漢字には何を使えばよいのか。
私は「採る」を使いましたが、本当に正しいのか。
少し不安になりましたので調べてみました。
ネット検索した結果では以下が使われていました。

1.「採る」
2.「取る」
3.「獲る」
4.「捕る」

想定外の漢字もでてきました。
一つずつ調べてみました。

1.「採る」
選んでとりあげること。
例)山菜を採る。意見を採る。

2.「取る」
自分の支配下に置く。身に付けること。
例)手に取る。資格を取る

3.「獲る」
常用漢字外なので調査対象外とします。

4.「捕る」
捕まえて離さないこと。
例)魚を捕る。飛球を捕る。


私なりの解釈としては、「採る」または「取る」を使えば問題ないと思いました。
「捕る」については、つかまえるが意のため、動いているものが対象だと思います。
また、ひらがなで「とる」を使うこともよいと思いました。

改めて思いましたが、文章を書くことは難しいですね。
調べても、何が正しいのか判断ができない事も多いです。

仕事でメールをする機会が多いですが、言葉選びには注意したいと思います。
長年の癖で、誤った言葉を使用していることもあると思います。

これからも、気を付けながら言葉を選んでいきたいと思います。


本当に日本語は難しいです。



無料相談受付中!

業務システム開発、 webシステム開発、既存システムの再構築や、ホームページ制作など、
情報システムに関する様々なサービスをご提供致します。
無料相談がございますので、開発のご相談やお見積りに関するご質問など、
お気軽にお問合せください。

phone

03-6240-9835
(平日10:00縲鰀17:00)

当社のシステム開発では、自社開発したシステム開発統合フレームワーク※1 を利用します。
その結果、システム開発に関する作業効率が大幅に向上いたしました。

※1システムの内容により利用しない場合もあります