PHILOSOPHY
SERVICE
COMPANY
RECRUIT
TOOLS
BLOG
ARTICLES
CONTACT US

2017.06.09NEW!

ギリギリOK!

こんにちは。インユニゾン株式会社 代表取締役 川畑です。

ウチの大崎のBlog記事を見て
なるほどと思うところがあったので
フォローも兼ねてこんな考え方も
ありますよというのを、ご紹介したいとおもいます。

以前のBlogに書きましたが
私の趣味はゴルフです。

私はこと趣味に関しては完璧を追いかけてしまいます。
妥協出来ないんですよね。

特にゴルフのような個人プレーの
スポーツだと、全て自分自身のせいになるのでなおさらです。

なので楽しいラウンドもあれば楽しくないラウンドもあるわけです。

でもせっかく朝早く起きて遠方まで出向き、簡単に言えば遊びに行ってるわけで、
毎回楽しみたいのが本音です。

でも私の場合楽しむ為には100パーセント上手く行かないと楽しめなかったんです。

そんな中、今年の初ラウンドを前に、あるティーチングプロの特集をBSテレビでやってました。

その番組に出ていたコーチのが言葉がギリギリOKを許容しろでした。

そして自分のショットを評価する場合に、
3段階ではなく、5段階評価にしろと言ってました。

確かに3段階評価、良い普通悪いより
良い、まぁ良い、普通、ギリギリOK、悪いの方が許容範囲が広がり精神的にゆとりが持てるということですね。

この発想で私の頭の中はガラリと変わりました!


そして、ギリギリOKというのがなるほど〜という風に思ったわけです。

ゴルフというスポーツは一回打って終わりでわなく、3打、4打、5打と続いていくスポーツです。

1打目がもし自分の思い通りでなくても、次に繋がる位置にボールがあるのか?あるならそれはギリギリOKだろっていうこの考え…

正直、だよなーと感心しました。
当たり前の考えだと思いますが
それがわからない。

結果的に常に良いを追い続け
精神的ゆとりがなくなる
そして負のループに迷い込む

打ちっ放しの練習でもギリギリOKを意識することで逆にショットが安定し始めています。

さて、前置きが長くなりましたが
大崎の悩みにも同じ事が言えます。

結果的に失敗が怖いから考え過ぎるそして考えから抜けだせない。

詰まるところ、自分の中で何が良くて何が悪いのかが整理出来ていないまま
物事を考えてしまっているのかと思います。

5段階なり、10段階なり分けて物事を整理してギリギリOKの線引きをして考えることから始めてみると考え過ぎるという傾向から脱却出来るのかもしれません。

兎にも角にも、ギリギリOK!
この感覚を身に付けてほしいものです。

編集後記

私が仕事上失敗したなと、感じるのは利害関係者に害を与えてしまった時です。
例えば開発したシステムがいかに良いものでも
お客様や利害関係者に害を与えてしまっては元も子もありません。

逆に、障害も出て個性的な動きをするシステムでも害がなければ失敗とは感じません。
ここがギリギリOKラインでしょうか。

もちろん、障害発生の見直しや振り返りはします!
ご安心を。


無料相談受付中!

業務システム開発、 webシステム開発、既存システムの再構築や、ホームページ制作など、
情報システムに関する様々なサービスをご提供致します。
無料相談がございますので、開発のご相談やお見積りに関するご質問など、
お気軽にお問合せください。

phone

03-6240-9835
(平日10:00縲鰀17:00)

当社のシステム開発では、自社開発したシステム開発統合フレームワーク※1 を利用します。
その結果、システム開発に関する作業効率が大幅に向上いたしました。

※1システムの内容により利用しない場合もあります