オープン系システムとその他システム

一口にシステム開発と言ってもその種類には様々なものがあります。 当社はオープン系・Web系システムで実績を積み重ねてきましたが、こちらではオープン系・Web系や汎用系・制御系についてご紹介します。

 

オープン系とは?

オープン系とはオープンソース、つまり公開されているソースに基づいてシステム開発されたソフトウェアやハードウェア、または開発手法のことです。 ソースが公開されているため、誰でもいつでもそのソフトウェアに対して改良を加えることができ、半永久的に改善を施し続けることができます。 UNIXやLinux、Windows機を対象にしたシステムが挙げられます。システムによってはオープン系システムで充分なケースも多く、開発までのスケジュール短縮が期待できます。 当社でもご依頼前のお見積などの無料相談を行っていますので、お気軽にお問い合わせください。


汎用系とは

汎用系とは取り扱う情報量の多さから、大型汎用機を中心にそのマシンに合わせて組み上げられたシステムのことです。 メカニック面での仕組みやOSなどに至るまでその会社独自のものであるケースがほとんどです。 機材調達から設計・OS、保守・運用まで企業の特色が出る部分でもあるので、システム開発会社が請け負う部分が多く常駐社員が必要なこともしばしばです。 主に銀行などの財務・会計で使用される特殊なシステム開発が例として挙げられます。


制御系とは

組み込み系とも呼ばれるシステムの1つで、パソコンやモバイルタブレットなどの機器を問わず動きを制御するために組み込まれたシステムです。 身近なものにも制御系は多く、エアコンやテレビといった身近な家電や駅の自動改札機などが制御系(組み込み系)の代表的なものとして挙げられます。

PAGE TOP