業務システム導入のタイミング

多くの企業様が、企業の特徴や業務内容に合った基幹業務システムや業務管理システムを導入して、業務の効率化に取り組んでいます。
業務システム開発依頼を決断し、本格的に導入を開始するタイミングを見極めることで、システムを無駄なく運用することにも繋がります。
こちらでは、システム導入に適したタイミングについてご紹介します。


業務引継時

担当者の退職や移動などに伴い、業務引継が発生したタイミングはシステム導入に適したタイミングの1つです。担当者変更後の現行システムの継続は、不具合などが起こったときに迅速な対応ができないというパターンが懸念されます。 重要な業務に関連するシステムであるほど、担当者変更による業務引継時に新たな業務システムの導入をおすすめします。


OSサポート終了やバージョンアップが必要となったとき

サーバーOSのサポート期限が終了したままの状態でネットワークに接続して使用を続けていると、セキュリティ面で不安なだけではなく、万が一何らかのトラブルがあった場合に、管理していたデータなどに被害が及ぶ可能性も考えられます。 また、OSのバージョンアップを実行したら、これまでのシステムが使えなくなってしまったということも珍しくないため、新しいシステムを導入するタイミングとしておすすめです。


現行システムのリースアップ時

以前からリースの業務管理システムなどを導入しているという企業様の中には、リースアップ時に新しい業務管理システムに変更しようとお考えの方もいらっしゃることでしょう。 この場合、リースアップ前までに、新しい業務システム開発の進捗状況確認をしっかり行い、業務に支障が出ないように調整する必要があります。

PAGE TOP