既存システムに対するお悩み

各種業務システムにおいて、次の様なお悩みを抱えていらっしゃる場合は、既存システムを分析調査し、自社の業務内容や状況に合わせたシステムに再構築しませんか。


導入から長い年数が経過している

既存システムを導入してから、どれくらいの年数が経過していますか?長い年数が経過していると、導入当初に比べてシステム自体の機能が古くなっているだけではなく、 そのシステム内で管理しているデータ量が増えて処理速度が低下し、業務に支障が出ているなどのお悩みをお持ちではないでしょうか。
古いシステムは、セキュリティ面や突然の不具合によるデータへの影響が心配です。既存システムの再構築や新しいシステムの導入によって、 他のシステムと連携させ業務の効率化を図ることもできます。時代や状況の変化に適応していくことで、企業成長につなげていきましょう。


自社開発システム

自社開発システムで重要な業務を管理している、という中小企業様も多いのではないでしょうか。「企業の業務にマッチしている」というメリットの反面、様々なデメリットも懸念されます。 まず、しっかりマニュアル化されている場合でも、詳細を把握している人が限定されている状況は珍しくないため、退職・欠勤など突発的な状況での対応に不安が残ります。
また、カスタマイズや再構築などを行う際には、自社内でプロジェクトチームを立ち上げたり担当を配置するために、他業務の進行を制限してしまう可能性も考えられます。 業務システムの制作から管理までを委託することで、システム導入の目的でもある「業務の効率化」を実現させましょう。

PAGE TOP